鈴鹿川水系での魚類相調査 20080831

 1 実施概要
調査日   2008年8月31日(日)
調査場所 亀山市両尾町
調査水系  安楽川
参加者   約100名
漁  法  たもあみ
※イベント「おいけかいぼり」として実施

2 諸条件
天候    晴れ
水温    

3 確認された魚類等
  区分 種類 捕獲数 備考
魚類 ブルーギル 多数 →駆除
ブラックバス 多数 中大型魚20程度、他3cm程度多数→駆除
    コイ 大型魚のみ  →保護
ヘラブナ 大型魚のみ  →保護
甲殻類 スジエビ等 極めてわずか
アメリカザリガニ
爬虫類 イシガメ 1匹視確認
二枚貝類 マツサカガイ 約20 保護
その他 ウシガエル 多数 成体1、オタマジャクシ多数 →駆除

4 雑感
外来魚等に占領されたひどい池
マツカサガイが見られたので、かつてはタナゴ類の生息が考えられる。

5 その他
メーテレの取材(テレビ朝日系の特集番組「列島異変2008」(2008.09.20 夜19:00〜21:00放映用)を受ける。
合田倫子アナ他取材スタッフ。

※ 参加者氏名
平尾自治会、平尾子ども会、うお座3名、矢守、田上、新玉 等約100名


子供会参加 消石灰散布
捕獲されたマツカサガイ(→後日再放流)



   戻る