鈴鹿川水系での魚類相調査 20040704

 1 実施概要
調査日   2004年7月4日(日)
調査水系 八島川水系 
調査場所 亀山市旧川崎村内A地点・土水路
  (絶滅危惧種生息のため調査地点公表せず)
参加者   1(桜井好基)
漁  法  たも網

2 諸条件
天候   曇り 
水温    ー 
昔ながらの完全な土水路に山からの水が流れている。

3 確認された魚類等
  区分 種類 捕獲数 備考
魚類 カワムツ     
      ドンコ 体長10cm
    メダカ  絶滅危惧II類
      ヨシノボリ類   
ドジョウ
シマドジョウ
ホトケドジョウ 絶滅危惧種IB類・稚魚(同定に時間がかかった)
エビ類 スジエビ
    アメリカザリガニ 10

4 雑感
 昔のままの細い土水路が続いており、山の谷あいから水が流れ、絶えることがない。水路としては細いが、所々に一定の深い部分があり、多様な魚類・水棲昆虫が見られる貴重な水路である。
 少し上流部の水路で、メダカとホトケドジョウ(稚魚)が見られたが、生息数は少ないと見られる。




                 今では珍しいドンコがいました。


   戻る