うお座「会則」

         

〈名称、所在地〉
第1条 本会は「水辺づくりの会 鈴鹿川のうお座(以下「会」という。)」と称し、事務局は会長宅に置く。

〈目的、活動〉
第2条 会は次の目的を持ち、活動する。
(1) 主として鈴鹿川流域における河川、水路、ため池等における魚類を中心とした水生生物の生息及び遡上環境の改善
(2)水辺づくりや川遊び等をとおした、地域に愛着を持つ次世代の育成
(3) 希少魚類等の保護、並びにため池等での在来魚を中心とした生態系の回復
(4)流域の川魚や文化等に関する調査・研究、記録の保存
(5)水源地である山を大切にし、高い保水力を持つ山づくりの支援
(6)ホームページ等を通した会の活動の情報発信・啓発等
  
〈会員〉
第3条 会は、会の目的に賛同するものをもって構成する。

〈役員〉
第4条 会には次の役員を置く。
     会長 1名  会を代表する。
     会計 1名  会の会計を行う。
     監事 1名  会の会計を監査する。
     他の役員は当面置かない。必要に応じて会員が協議して定める。

〈代表〉
第5条 会員は会として実施する個別の取組等において、主たる役割を果たす場合、対外的に「代表」と称することができる。

〈総会〉
第5条 総会は毎年1回開催し、次の事項を議決する。但し、必要に応じて臨時総会を開催できる。
(1)規約の改廃に関すること
(2)活動計画、活動報告について
(3)予算・決算について
(4)役員の選任について

〈会費〉
第6条 会の経費は、会費、補助金、寄付金mその他の収入を以って充てる。
2 会費は年額1000円とする。
  但し、地域外会員は当分の間、会費を免除できる。
3 会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

〈その他〉
第7条 この会則に定めるもののほか、必要な事項は会員協議の上で決定する。

付則
  この会則は、2002年11月11日から施行する。
  この会則は、2004年6月20日から施行する。



  

   もどる