会の活動
1 会の沿革
☆ 2000年(平成12年)9月  「鈴鹿川に魚をもどす運動の会<うお座>」として個人活動開始
☆ 2001年(平成13年)1月  きらめき亀山21環境分科会(後に「亀山の自然環境を愛する会」)とともに活動
☆ 2002年(平成14年)11月 「水辺づくりの会 鈴鹿川のうお座」 と改称、団体としての活動開始 


 2 現在の活動
 
次の点に重点をおいた、独自活動や地域、行政機関への様々な働きかけ活動を行っている。
バリアフリーの川づくり
 ・鈴鹿川水系に架かる堰堤への魚道設置・魚類の生息環境に配慮した護岸・河床の改善に対する働きかけ(地元、土地改良区、県)
流域の川魚文化に関する調査
ため池等の外来魚(ブラックバス、ブルーギル)の駆除
水系での魚の生態系調査
水辺づくり条例(仮称)の実現
河川工事における地元小学生の参加(設計へのおもいの反映、小学生の川づくり工事への間接参加)へのコーディネート活動
    


 3 主な活動経過
 (定例会合、各種働きかけ活動、各種調査活動を除く)

2017年度(平成29年度)
5月13日 道草公園「里山塾」イベント支援
6月11日 高塚池へアカミミガメ罠を仕掛ける
7月08日 7月うお座探魚会
7月30日 道草公園「里山塾」イベント支援
8月5日 投網教室(土山)4名参加・大和川橋河川パトロール
9月2日 うお座・子どもと魚のネットワークバーベキュー大会
11月11日 チラー1グランプリで、プリンターを受賞
11月25日 アカミミガメ罠を公園池へ移す。
12月3日 長田池干し
12月10日 三重NPOグランプリ鈴鹿地区予選で、地区優勝
12月17日 三重NPOグランプリで6位
2月17日 ノーバスネット総会&ワークショップに参加


2016年度(平成28年度)
4月9日 4月うお座探魚会
4月17日 ショッピングセンターエコー北水路清掃
5月07日 5月うお座探魚会
5月16日 道草公園イベント支援
5月〜7月 亀山高校韓日ウォーターフォーラム派遣生学習支援活動(延べ5回)
7月 大和川橋河川パトロール
8月20日 ミドロ池池干し(第5回ブラックバスターズ三重事業)
10月5日 長妻池池干し(違法放流に伴うもの)(第6回ブラックバスターズ三重事業)
2月19日 鈴鹿川お魚シンポジウム(実行員会事業)


2015年度(平成27年度)
4月12日 うお座お魚供養法要(太巖寺)
5月10日 5月うお座探魚会
6月13日 6月うお座探魚会
7月26日 国土交通省 三重河川「水生生物による水質の簡易調査」 参加
8月8日 大和川橋河川ボランティア活動
8月29日 鹿丸池池干し(第1回ブラックバスターズ三重事業)
10月10日 鹿丸池池干し(第2回ブラックバスターズ三重事業)
10月31日 太岡寺池池干し(第3回ブラックバスターズ三重事業)
1月15日 国土交通省「河川協力団体」の指定を受ける
2月11日 新池池干し(第4回ブラックバスターズ三重事業)
3月13日 3月うお座探魚会


2014年度(平成26年度)
5月11日 5月うお座総会
6月8日 うお座探魚会
8月2日 国土交通省 三重河川「水生生物による水質の簡易調査」 参加
9月6日 南山池外来魚駆除かいどり 
11月30日 谷田上池外来魚駆除かいどり
1月24日 外来魚情報交換会出席(草津市立市民交流プラザ)
2月28日 伊勢湾流域圏再生フォーラム参加(名古屋文化短期大学)

2013年度(平成25年度)

  4月13日 4月うお座探魚会
5月11日 5月うお座探魚会(移植)、総会
6月8日 6月うお座探魚会
7月1日〜 Honda 四日市南小古曽店 サンシギャラリーで 魚の方言集パネル展示(〜30日)
7月15日 海のフェスティバル参加(四日市市楠町)   
9月7日 北山池(下池)外来魚駆除かいどり(第2回目)   ※渇水で上池は水なし    
9月14日 釣り禁止看板設置、保護魚の池への放流
10月12日 古厩の野池かいどり
11月9日 11月うお座探魚会
1月11日〜12日 鈴鹿川の環境展出展(鈴鹿ハンター)
2月1日 外来魚報告会(草津市立まちづくりセンター)
2月8日 うお座集会


2012年度(平成24年度)

  5月12日 うお座総会
5月13日 平成23年度亀山市協働事業発表会
市(まちづくり計画室)椋川を歩く会
6月3日 池干し準備作業
6月29日 地域環境保全功労者表彰(環境省)をグランドアーク半蔵門で受ける。
7月14日 定例7月探魚会(中ノ川上流)
  7月15日 海フェス参加
7月28日 高塚池イベント協力
7月28日 名阪関工業団地沈砂池池干し
8月12日 山下町道路拡張に伴う 風呂屋池 池干し 協力
11月10日 桜谷池池干し
11月23日 日本水大賞応募
12月8日 定例12月探魚会
1月19日 第2回海と 発表会参加


2011年度(平成23年度)

  4月9日 定例4月探魚会(魚類相調査)
4月8日 2011年度総会(協働センター)
5月8日 みちくさ公園作業
5月14日 定例5月探魚会(魚類相調査) (太森町 安楽川への流れ込み)
6月11日 定例6月探魚会(魚類相調査) (亀山市和田町 椋川)B
7月9日 定例7月探魚会(魚類相調査) (亀山市両尾町 安楽川支流)C
7月11日 協働事業に関する市との協議(亀山市役所)B
7月22日 亀山市事業「きらりまちづくりトーク」により(5月申し込み)、市長に対し、地域の自然環境状況の説明を行うとともに、会としての要望提案事項を伝え、意見交換を行う。(「亀山の自然環境を愛する会」と共催) 於:亀山市総合保健福祉センター研修室) D+7
7月30日 水生生物による水質の簡易調査兼 魚類相調査E
8月6日 定例8月探魚会(魚類相調査) 四日市市川原田町 内部川
9月10日 とんがの池の池干し
10月10日 北山池上池の池干し
10月16日 北山池下池の池干し
10月29日 亀山市との協働事業現地視察(愛知県半田市有脇地区の取り組み)
11月12日 定例11月探魚会(魚類相調査) 亀山市下庄町 中ノ川
12月10日 定例12月探魚会(魚類相調査) 区域外
12月13日 第12回中部の未来創造大賞特別賞(中部経済団体賞)受賞式出席
12月22日     〃    に伴う亀山市長訪問
1月29日 菰野町池干し参加
2月19日 第5回「川のワークショップ三重」で取り組み(外来魚駆除)発表(県庁講堂)
3月24日 うお座会合



2010年度(平成22年度)

4月10日 定例4月探魚会(魚類相調査)(亀山市川崎町 八島川)
5月8日 定例5月探魚会(魚類相調査) (津市芸濃町林川原 中ノ川)
5月23日 うお座総会
5月末 三重県と亀山市に協働事業提案書を提出
6月12日 定例5月探魚会(魚類相調査) (亀山市和田町 椋川)
8月7日 定例8月探魚会(魚類相調査) (四日市市川原田町 内部川)
8月19日 協働事業提案に関する亀山市(市民課等)との協議(みらい)
8月20日 協働事業提案に関する三重県(生活部等)との協議(アスト津)
8月21日 ため池かいどり(布気町)
9月2日 協働事業提案に関する亀山市(市民課等)との協議
9月11日 定例9月探魚会(魚類相調査)(鈴鹿市上野町 芥川 )
10月2日 ため池かいどり(関町)
10月7日 COP10関係ノみちくさ公園会議(亀山市)
10月16日 定例10月探魚会(四日市市山田町・西山町 内部川・足見川)
10月25日 協働事業提案に関する亀山市(市民課等)との協議(みらい)
10月30日 亀山市との協働事業に関する公開プレゼン(あいあい)
11月23日 ため池かいどり(旧槇尾地区)
12月19日 「みえ環境フェア2010(メッセウイング・みえ)」に出展(三重県環境保全事業団主催)
1月29日 「第8回外来魚情報交換会(草津市)」で発表
2月22日 「みちくさ公園」打ち合わせ会議(市役所)
2月26日 「第5回タナゴサミットin菰野(菰野町けやきホール)」に出展し、パネル展示(方言集販売)
3月12日 定例3月探魚会(亀山市安知本町)
3月19日 「かめやま地球温暖化防止フェア2011(亀山市文化会館)」に出展し、パネル展示(方言集販売)
3月31日 亀山市(環境)と協働事業協定を締結(期間:平成23年度)



2009年度(平成21年度)
  4月11日 定例4月探魚会(魚類相調査)(亀山市田村町 安楽川)
5月9日 定例5月探魚会(魚類相調査)(亀山市下庄町、志登茂川水系前田川)
5月10日 亀山自然公園「みちくさ」での池の水抜き作業(東海タナゴ研究会北島氏等と)
6月21日 亀山自然公園「みちくさ」でのイベントに参加、ヤリタナゴを放流(東海タナゴ研究会北島氏等と)
7月25日 高塚池のイベントに合わせて魚類相調査
8月8日 定例8月探魚会(魚類相調査)(四日市市川原田町 内部川)
9月26日 池干しにより和賀池外来魚駆除
 2月21日 第4回「川のワークショップ三重」で取り組み(外来魚駆除)発表(県庁講堂)
 2月28日 池干しによる公園池の外来魚駆除
 



2008年度(平成20年度)

  5月4日 川合町椋川堰堤完成記念式典で子ども達の魚放流行事に協力参加(魚の放流式を実施)
  5月17日 定例5月探魚会(魚類相調査)(亀山市加太中在家・喜和田川、向井・市場・加太川)
7月12日 定例7月探魚会(魚類相調査)(鈴鹿市上田町 蒲川)
8月9日 定例8月探魚会(魚類相調査)(亀山市太岡寺町 桜川・鈴鹿川)
8月31日 外来魚駆除イベント「おいけかいぼり」(両尾町)(当初30日に予定していたが雨で順延)
9月13日 定例9月探魚会(魚類相調査)(亀山市辺法寺町、原田川)
10月4日 山田池かいどり(外来魚駆除)(亀山市井田川町)
12月27日 山田池水戸の詰まり修繕
1月17日〜
18日
鈴鹿川流域環境展へ参加
3月14日 平成20年8月31日にかいぼりを行った「おいけ」に、在来魚83匹とともに当日に保護したマツカサガイ約30個を池に戻す。


2007年度(平成19年度)

  4月14日 定例4月探魚会(魚類相調査)査(四日市市采女町・河原田町・内部川)
  4月15日 お魚引越し作戦(東名阪自動車道工事でつぶれかけた水路にわずかに残ったドンコ9匹の救出・下流水路に引越し)(亀山市内) 参加者数2名
5月13日 定例5月探魚会(魚類相調査)(津市芸濃町楠原:中ノ川)
8月18日 定例8月探魚会(魚類相調査)(津市芸濃町楠原・中ノ川)
9月5日 鈴鹿川の川づくりに関する意見交換会(亀山市民協働センター 国土交通省三重工事河川事務所 水谷副所長) 21名の参加
9月8日 定例9月探魚会(魚類相調査)(鈴鹿市庄野町:芥川)
9月16日 外来魚駆除活動:入谷池干し
10月7日 オオサンショウウオ三重大会(名張市赤目:対泉閣)で鈴鹿川水系におけるオオサンショウウオについて発表
10月13日 定例10月探魚会(魚類相調査)(亀山市市野村町:竜川)
11月11日 外来魚駆除活動:奥谷池干し
12月9日 奥谷池干しに伴い保護した魚の奥谷池への放流
1月27日 第3回外来魚情報交換会で5年間の取り組みを発表(草津市市民交流プラザ)
2月17日 第3回「川のワークショップ三重」で取り組み(外来魚駆除)発表(県庁講堂)
2月24日 きらめき亀山21の第8回市民交流会に出展参加
3月8日 定例3月探魚会(鈴鹿市河田町・山辺町)
3月23日 「見て 聞いて ふれよう 環境フェスティバル」に鈴鹿川の魚を展示(亀山市関環境文化交流センター)


2006年度(平成18年度)

  4月17日 定例魚類相調査(亀山関町新所町西新田・鈴鹿川)
  5月7日 長妻の池お魚放流式(亀山市川合町) 参加者数約30名
5月21日 第一回 『鈴鹿川流域 森林の健康診断」(亀山市関町坂下・沓掛)
6月10日 定例6月探魚会 (四日市市鹿間町 水路)
7月8日 定例7月探魚会 (亀山市川合町 椋川)
8月12日 定例8月探魚会 (鈴鹿市小岐須町 御幣川)
8月27日 外来魚駆除活動:菅谷池池干し(亀山市太岡寺町)
9月9日 定例9月探魚会 (鈴鹿市小田町・和泉町 椋川河口部)
10月14日 外来魚駆除活動:菅谷池の下池の池干し(亀山市太岡寺町)
11月25日 白木町ため池等調査(亀山市白木町)
1月20日〜21日 鈴鹿川流域環境展に参加。外来魚問題・魚の呼称パネル展示、紙芝居「うな太の大冒険」の催行
2月10日 定例2月探魚会(鈴鹿市上野町・樺川下流部)
2月25日 きらめき亀山21の第7回市民交流会への出展参加
3月4日 住宅開発に伴う池の水抜きに対し、生息魚類の緊急保護活動(白木一色)
3月10日 定例3月探魚会(津市芸濃町椋本・志登茂川)



2005年度(平成17年度)

  4月17日 鈴鹿川の支流で魚類相調査を行い、ホトケドジョウの生息を確認(確認第5号) 
  5月14日 鈴鹿川井尻頭首工魚道見学会を開催
5月15日 市内のため池において、魚類相調査を行い、カワバタモロコの生息を確認(確認第1号)
  5月29日 うお座総会
6月04日 「高塚池環境啓発看板お披露目式」の実施
7月20日 鈴鹿川の魚類の生息環境を考える会(於:あいあい)
24日 定例魚類相調査(2005・7)の実施(芥川河口部)
8月14日 定例魚類相調査(2005・8)の実施(安楽川中流部)
9月03日 定例魚類相調査(2005・9)の実施(内部川)
9月16日 中部未来創造大賞審査員による現地調査を受ける。(於:高塚池)
9月18日 井尻頭首工でヌートリアを確認
18日 長妻(とづま)の池(亀山市川合町)外来魚駆除の実施
  10月16日 定例魚類相調査(2005.10)の実施(八島川)
  11月20日 定例魚類相調査(2006.11)の実施(内部川)
06年1月21日〜22日 第5回「鈴鹿川流域の環境展」に参加。外来魚問題の啓発、魚の古称の流域調査結果を掲示
  2月19日 第2回川のワークショップみえ
  2月25日 定例魚類相調査(2006.02)の実施(中ノ川)
  3月10日 冊子「鈴鹿川における魚の昔の呼び名」を発刊し、マスコミ発表(後日、毎日新聞、伊勢新聞に掲載
 3月
25日〜26日
「こどもエコクラブ全国フェスティバルinかめやま」出展参加し、メダカすくい(大盛況)とともに魚の古称を紹介)



2004(平成16)年度
  4月10日 鈴鹿川の支流で魚類相調査の実施(ホトケドジョウの生息・確認第1号) 
  4月16日 第3回高塚池在来魚放流式準備会議(市環境センター)
4月下〜5月上  「高塚池お魚放流式」用の魚の確保活動(3000匹)
     5月9日  午前 「高塚池お魚の放流式」を予定 ・ 雨天のため順延
午後 環境省環境カウンセラーズ三重の最所氏の取材を受ける。(あいあい)
  5月15日 「高塚池おさかな放流式」を開催(参加者約100名)
  6月20日 亀山エコ環境フェスティバルに共催として参加し、出展する。  総会開催
  8月14日 海本お魚引越version.1
  9月12日 鈴鹿川支流の小野川に第1次オオサンショウウオ探索
  9月23日 集まれ!海の人、山の人、川の人、まちの人 伊勢三河湾再生!!〜想いと知恵の交感広場〜
場所:名古屋港ポートビルへ ちらし参加
 10月31日 亀山エコ環境フェスティバルに参加し、外来魚駆除啓発等を行う
 11月7日 羽若池〔亀山市羽若町)において、外来魚駆除を行う。
04年1月22〜23日 第4回「鈴鹿川流域の環境展」に参加し、外来魚の有害性啓発を行う。
  3月4日 自主調査報告書 「中ノ川における魚の昔の呼び名」(中ノ川流域における魚類等の地方名に関する調査報告書)刊行


2003(平成15)年度
  5月9日 第3回高塚池かいぼりに関する準備会議を開催。関係者が集まり、準備事項や問題点について話をする。
  6月6日 第4回高塚池かいぼりに関する準備会議を開催。関係者が集まり、準備事項や問題点について話をする。 開催日8月24日に決定
  7月1日 高塚池の現地確認
    4日 第5回高塚池かいぼりに関する準備会議を開催
  8月11日 第6回高塚池かいぼりに関する準備会議を開催
    19日 最終の準備会議を開催し、実施を最終決定。市職ボランティアに概要説明
    21日 池の水が三つに分かれたため、最上部の水を抜き、魚をとる(バスのみ180匹)
    22日 真中の池の部分の水を抜き、魚をとる。(バスのみ200匹)
    24日 「高塚池かいぼり大作戦」実施
    29日 高塚池かいぼり大作戦反省会を開催。池の水がない間に魚礁の設置をする方向で調整をすることを決定。
  9月18日 高塚池へ魚礁設置に向けた会議を開催  9月27日に実施が決定
    27日 高塚池において魚礁設置を行う。(ボランティア約60名が参加)
  10月9日 「鈴鹿川・魚の生息環境研究会」を開催(亀山市総合保健福祉センターあいあい研修室)
県四日市農林商工部、鈴鹿建設部を招き、河川関係工事や取組について説明(約50分)をうけ、意見交換(約80分)を行う。(参加者16名)
 11月16日 「桜川河口お魚引越し作戦」の実施(参加者15名)
11月29〜30日 亀山市環境展に出展(市環境センター) 高塚池パネルを展示
1月24〜25日 鈴鹿川環境展に出展(鈴鹿ハンター) 高塚池パネルを展示
 2月12日 高塚池在来魚放流式準備会議(市環境センター)
 2月15日 「川のワークショップみえ」で活動発表(県庁講堂)  参加者投票で2つの入賞団体の1つとして選出される
 2月22日 「エコリンピックみえ2004」で活動発表(県津庁舎講堂)  20の表彰団体の1つとして選出される
 3月19日 第2回高塚池在来魚放流式準備会議(市環境センター)
※ 10/31.より毎月1回亀山市民環境会議に参加

2002(平成14)年度
   6月8日 朝日新聞社竹内記者の取材を受ける  
  6月22日 →6月22日朝日新聞朝刊、三重版に「鈴鹿川にアユ戻れ」として掲載される
   7月 9日 亀山の自然環境を愛する会において、「第4回鈴鹿川のアユを考える研究会」を開催 
  県鈴鹿建設部 松枝信彦氏と小森勝則氏が講演、講演後意見交換 → 結果
  テーマ 「平成14年度の管内の河川工事と工事に際しての環境保護の考え方」
 〔出席者数18名)
  意見交換内容 安楽川の河川工事とネコギギについて
            堰堤への魚道について、河川の維持管理と魚の住む環境への配慮について
  10月2日 朝日新聞 朝刊 三重版「論壇みえ」に投稿記事が載る→ 投稿記事
 10月12日 「鈴鹿川の源流を訪ねる旅」で諸戸林業中津川営業所(関町)へ行き、岡安所長の話を聞き、山を見学
 10月22日 亀山の自然環境を愛する会において、「第5回鈴鹿川のアユを考える研究会」を開催 
   テーマ 「井尻頭首工の魚道整備計画案」
 〔出席者数11名)
  県四日市農林商工部 野村技師から説明を受け、計画案についての討論              
  11月 5日 市環境生活課に「水辺づくり条例(案)」のうお座グループ案を提出
 11月11日 これまでの「鈴鹿川に魚をもどす運動の会<うお座>」を発展的に解散し、団体としての「水辺づくりの会 鈴鹿川のうお座」を創設
  12月9日 『亀山サンシャインパーク内「高塚池」の維持管理について提案書』を三重県(北勢県民局鈴鹿建設部)へ提出  
亀山市へは12月3日に提出  
(うお座のイニシアチブにより、亀山の自然環境を愛する会及びきらめき亀山企画会議との共同提案)
 12月14日 鈴鹿川水系及び中の川水系の流域の村々を対象として、流域調査を開始
03年1月31日 「名阪自動車道工事に伴なう桜川の移設工事についての提案書」を三重県(北勢県民局鈴鹿建設部)及び日本道路公団亀山工事事務所長に提出(亀山の自然環境を愛する会との共同提案)
  2月13日 高塚池かいぼりに関する準備会議に提案者として参加
  3月13日 「県道改良工事に伴なう大門川移設工事についての提案書」を三重県(北勢県民局鈴鹿建設部)に提出(亀山の自然環境を愛する会との共同提案)
 3月14日 第2回高塚池かいぼりに関する準備会議が開催され、県鈴鹿建設部及び地元水利権者が実施について了承し、実施が決定以後実行委員会形式で進めていき、うお座が委員長となることとなった。
  3月14日 亀山の自然環境を愛する会共催で、「第6回鈴鹿川のアユを考える研究会」を開催 
   テーマ 「井尻頭首工の魚道整備計画案」
 〔出席者数11名)
  県四日市農林商工部 野村技師から説明を受け、計画案についての討論  
  3月30日 亀山市環境展へ出展

2001(平成13)年度
    5月16日  『きらめき亀山21』環境分科会において、魚道整備について講話する。
    7月 3日  『きらめき亀山21』環境分科会において、「第1回鈴鹿川のアユを考える研究会」を開催 
※ 出席者 国、県北勢県民局(鈴鹿市駐在、農林商工部、鈴鹿建設部)鈴鹿水産研究室、亀山市関係者、地元自治会長、一般市民など 計37名が参加
    8月 7日  『きらめき亀山21』環境分科会において、「第2回鈴鹿川のアユを考える研究会」を開催 
   中村瑛佳三重工事事務所副所長が講演
    テーマ 棚田式魚道と鈴鹿川の水質 
※ 出席者 国土交通省三重工事事務所、県北勢県民局(鈴鹿市駐在、農林商工部、鈴鹿建設部)鈴鹿水産研究室、亀山市関係者、地元自治会長、一般市民など 計23名が参加
       6日 鈴鹿流域ビジョン会議において、活動内容の説明
      10日 ケーブルネット鈴鹿の取材(特別番組「鈴鹿 あゆ物語」)を受ける。(8/21から放映)
    9月10日 亀山市野登地区自治会長会議で魚道整備の必要性について説明するとともに、魚道整備要望書の県への提出を要請   → 9月17日県へ要望
    10月13日 亀山市川崎地区自治会長会議で魚道整備の必要性について説明するととも、魚道整備要望書の県への提出を要請     → 10月25日県へ要望
    10月18日 亀山市連合自治会長に魚道整備の必要性について説明する。
    11月 7 日  『きらめき亀山21』環境分科会において、「第3回鈴鹿川のアユを考える研究会」を開催
  柴原三重県河川課長が講演、 講演後意見交換
  テーマ 「今後の河川整備〔多自然型の河川整備)について」
02年 2月18日 市と「水辺づくり条例(仮称)」づくりについての協議開始

2000(平成12)年度   
00年9月上 活動開始  鈴鹿川にかかる堰堤の調査開始
00年9月中 鈴鹿川沿岸土地改良区及び井尻水利組合に対し、魚道整備の要望を開始
00年9月下 鈴鹿川漁協に対し、流域の堰堤への魚道整備について協力要請を行う
00年11月 当会からの働きかけに応じ、鈴鹿川漁協が下流部の3頭首工を管理する土地改良区、鈴鹿市並びに亀山市、県北勢県民局に魚道整備の要望を行う。
01年 1月21日 亀山市民ネット『きらめき亀山21』に参加(環境分科会に所属)
    3月 1日 会のホームページ公開


 ※ 堰堤を管理する土地改良区や地元自治会等への個別の働きかけ等については省略 



     もどる