鈴鹿川お魚シンポジウムの開催(結果)

 1 実施概要
・ 実施日  
    平成29年2月19日(日)13:00〜16:10
・ 場 所  
    亀山市文化会館 コミュニティホール
・ 主 催  
    鈴鹿川お魚シンポジウム実行委員会
・ 実行委員会構成団体

   水辺づくりの会鈴鹿川のうお座、

   どんこネット(椋川改修促進期成同盟会)、

   魚と子どものネットワーク、

   亀山の自然環境を愛する会、

   太田自然塾、

   鈴鹿高校自然科学部、

   四日市農芸高校生物部、

   東海タナゴ研究会

・ 協力
    中部ESD拠点協議会(事務局:中部大学) 
・ 後援
    国土交通省三重河川国道事務所、三重県総合博物館
    亀山市、鈴鹿市

・ 参加者  143名

   → ちらしへ

   → 事項書へ



2 会場の状況
参加者数 143名で会場がいっぱいとなる盛況でした。
各発表で、質疑が活発に行われました。

3 発表のテーマ
   項目 発表者・発表団体         発表題
基調講演 森 誠一 岐阜経済大学教授   みえ 川のクニ 宝の魚を守ること
報告 国土交通省三重河川国道事務所 鈴鹿川における河川水辺の国勢調査
団体発表1 東海タナゴ研究会 ヤリタナゴ復元放流と地域住民による里川管理
   〃 2 水辺づくりの会 鈴鹿川のうお座  うお座の生物多様性保全活動
   〃 3 四日市農芸高校生物部 農芸高校生物部の活動紹介と内部川下流域での淡水魚調査報告鈴鹿川下流部での活動
 〃 4 太田自然塾 自然の復元
   〃 5 鈴鹿高校生物科学部 鈴鹿川水系の環境調査
   〃 6 魚と子どものネットワーク 水辺の保全とネットワークづくり
   〃 7 亀山の自然環境を愛する会 会の活動と子ども達の自然学習
       




3 写真
森教授講演