龍が池

 昔、伊船に真弓長左衛門という庄屋さんが住んでいました。今はたくさん水田が広がっている伊船新田の辺りは昔は荒れ地でした。その荒れ地を耕すことができれば、たくさんの米がとれ、貧しい伊船の村も豊かになると長左衛門は考えました。その当時は伊船の村も水に乏しく、日照り続きには稲が枯れないように、神様や仏様にいのるばかりでした。そこで日照りでも田んぼの水がなくならないようにするには、大きな池を造ることだと思いつきました。
 そこで村人たちに相談しました。これには村人たちも大変喜び、自分たちのためだといって、池を造るため一生懸命働きました。そこで谷を大きくけずり、そうして谷と谷とをせきとめ高い高い堤を造るのですから、今のような機械がない時代ですから大変な工事でした。
 何か月も何か月もかけて、やっと池ができあがりました。ところがやっとできあがったと喜んでいたところ、その夜、ものすごい大雨が降り、一夜のうちにくずれてしまいました。がっかりしている村人たちを長左衛門は励まし、ふたたび工事を始めました。ところが完成するかに見えたとき、また大雨が降り、また堤はくずれてしまいました。その後も同じようなことが、大雨が降るたびにおこりました。
 これは何か変だと思った人々がうらないしにうらなってもらったところ、「これは、水神のたたりである。人柱をたてれば工事はうまくいく。」とお告げがありました。村人たちは、おおいになやみました。人柱というのは、生きた人を生きうめにしてしまうということで、大変なことです。自分の家の者が人柱になっては大変です。だれも人柱になる人は、いませんでした。悩みぬいたすえ、だれとはなしに「一番始めに弁当をとどけにきた人を人柱にしようではないか。」ということになりました。
 次の日一番始めに弁当をとどけにきたのは、お竜という娘でした。お竜という娘は、長左衛門の家にひろわれた娘でした。長左衛門の暗い顔にお竜はことのわけをたずねました。わけをしったお竜は「私はひろわれた身です。あのときひろわれなかったら、今ごろどうなっていたかはわかりません。この身でよかったら、喜んで。」とけなげにも、進んで人柱になることをひきうけました。わが子のようにお竜を育ててきた長左衛門は、なんといってよいのかわかりませんでした。
 次の日、弁当をもってきたのはお竜ひとりでした。お竜は生きながら人柱になったという。
 お竜の心にうたれた村人たちは、まえにもまして働き、りっぱな堤が出来上がりました。その後はどんな大雨がふっても堤防はこわれませんでした。そして、この池はだれいうとなく「竜が池」というようになりました。その後この池でとれる魚には、どれもコブがあるといわれ、これはお竜がお弁当を背おっていた姿であるという。
 そして、この池ができたおかげで付近の荒れ地は、稲がよく育つ美しい田になりました。そして、新しく伊船新田ができました。

             出典: 「鈴峰の郷土史」(平成5年3月 鈴峰の郷土史編さん委員会 編集)


 戻る